印刷は空気のようです。いつも、それとなく身近にあって、目立たないけど、自分の役割をきちんと果たしています。もし印刷がなかったら、何も識別が出来なくなり、困ったことになり、なにかの拍子に、大パニックになりそうです。

 
最近こんなバスをよく見かけますね。これは直接車体に絵を描いているのではなく、実は大きなプリント物を車体に貼り付けているのです。広告の契約が切れるとまた新たなラッピングに衣替えするのです。