印刷は空気のようです。いつも、それとなく身近にあって、目立たないけど、自分の役割をきちんと果たしています。もし印刷がなかったら、何も識別が出来なくなり、困ったことになり、なにかの拍子に、大パニックになりそうです。

 

プリント合板、床材、これも印刷です。ここでの印刷使命は「本物以上に本物」らしさを要求されることです。あるときは木目、あるときは岩肌のざらつきという具合に自然の風合いを印刷に取り入れる、まさに「本物以上に本物」への挑戦です。そんなことを考えながら、是非、関連団体紹介ページの東京グラフィックコミュニケーションズ工業組合のスライドショーを見てください。