印刷は空気のようです。いつも、それとなく身近にあって、目立たないけど、自分の役割をきちんと果たしています。もし印刷がなかったら、何も識別が出来なくなり、困ったことになり、なにかの拍子に、大パニックになりそうです。

 

贈答箱・美粧ダンボール箱、人に贈るために作られた箱、それがなおかつ奇麗に出来ていて、自分の大事なもの入れにしたくなる。お中元やお歳暮の季節になるとよく目にするものです。
 液体容器、最近は家でお茶を入れることがめっきり少なくなったのではないですか、自動販売機で打っている缶物の飲み物、そこにもちゃんと印刷が入っています。
ショッピングバック、ちょっと昔は買い物かご持って買い物に行くのが当たり前でした。最近はエコの立場にたってそれを推奨しているところもありますが、普及はまだまだのようです。ちょっと買い物をするとこんな素敵なショッピングバックに品物を入れて渡してくれます。パック、牛乳に限らず、ジュース、ヨーグルト、何でもこんな形で売られています。ここにもしっかり印刷があります。