>>東京都印刷工業組合 新宿支部

 

印刷の世界は、ハード面(たとえば活字)に限って言えば、明治以後一世紀にわたって、資産を増やし続けてきました。それは膨大なものです。しかしコンピュータの出現がこの財産を無用の物にしてしまいました。時は仕事のあり方の改革を要請しました。そして今日があります。コンピュータの導入が、従来の工程を省略可能にし、ひとりで出来る仕事に変えてしまいました。その影響を受けて、出版、印刷、製本が三位一体といわれた以前のような独自な仕事の分業の域が薄れていきました。もちろん、いまもその分野の仕事を、専門職として、大事にしているところもあります。しかし今日では、これらすべてを一社で賄なってしまうのも珍しくありません。そういう現状を容認しながら、敢えて、各組合を紹介します。

明治維新、自由民権運動の世論作りを背景にして、新聞、雑誌の刊行が促されると同時に、活版印刷の起業も促進されました。明治三年(1870)「横浜毎日新聞」、明治五年「東京日日新聞」、「郵便報知新聞」、明治七年「読売新聞」、遅れて明治十二年「朝日新聞」という具合に、次々と新聞が発刊されていきました。

 

明治十年、今日のようにマスメディアが発達していなかったころ、「郵便報知新聞」は西南戦争に従軍記者を派遣し、リアルな戦況報告をして新聞の価値を高めました。


このように世の中の必要性に呼応する形で、印刷業界が育まれてきました。報道の必要性に促されて新聞。教育の必要性に答えて教科書。販売の促進のためのポスター。その他商業印刷では、切手、証券印刷、もろもろのカードなど。この業界は社会のニーズに応じながら、また、さまざまな分野で、民衆を半歩リードし、感性を育てる役割・文化を担う役割を果たしてきました。そしてそれに携わるさまざまな職種を生み出してきました。活版印刷の時代の文選工から始まり、コンピュータ時代のDTPオペレータ、ディレクターやイラストレーターまで。時として過剰包装が槍玉にあがることもありますが、包装紙は美術品と見紛うほどです。恐らく日本の印刷技術に匹敵するものを持っている国を他所に捜すのは難しいでしょう。


マルチメディアの今日、メディア媒体に変化が生じ、印刷物は頭打ちしたように見えますが実はそうではありません。印刷業界でよく耳にするのは「空気と水以外は何でも印刷します」というコピーです。それくらいあらゆる分野に進出しています。街を歩いて目に飛び込んでくるもの全てが印刷といってもちっとも過言ではありません。都営の循環バスのラッピングも印刷です。切符、定期券、カードといわれるもの全て、皿やカップの模様も印刷です。印刷物でないものを捜すのが難しいくらいです。


これからも新しい技術を貪欲に取り入れながら益々発展していきたいと思っています。