>>東京都製本工業組合新宿支部

 

印刷の世界は、ハード面(たとえば活字)に限って言えば、明治以後一世紀にわたって、資産を増やし続けてきました。それは膨大なものです。しかしコンピュータの出現がこの財産を無用の物にしてしまいました。時は仕事のあり方の改革を要請しました。そして今日があります。コンピュータの導入が、従来の工程を省略可能にし、ひとりで出来る仕事に変えてしまいました。その影響を受けて、出版、印刷、製本が三位一体といわれた以前のような独自な仕事の分業の域が薄れていきました。もちろん、いまもその分野の仕事を、専門職として、大事にしているところもあります。しかし今日では、これらすべてを一社で賄なってしまうのも珍しくありません。そういう現状を容認しながら、敢えて、各組合を紹介します。

書籍が出回ったのは1920年代ころ、一般的な拡がりを獲得するのは円本ブームをきっかけとしてです。円本=廉価本ですが、その名は当時どこへでも一円という均一料金で走るタクシーに由来するものです。背景には不況による印刷・製本業界の遊休設備と余剰労力をどうするかという問題がありました。これらを円本の大量出版に使うことで、書籍は従来の類書の半値以下という低価格がもたらし、それは同時に購読者数の増加=消費の拡大、そして知識の普及につながりました。円本は低価格の割には印刷も製本も優れていました。このブームは製本の製作に革新的な変革をもたらしました。定期的かつ大量に出るので、生産の能率を上げる工夫がなされました。製本は板紙つきの上製本であるので、いとかがり機械の導入を促すことになり、クロスなどの装幀材料も国産化への道が開かれ、表紙貼りや箔押しの分業化も進み、普及版と豪華版の製本の分化もこの時期からスタートすることになりました。

ヨーロッパでは本は読み終わったら自分の好みによって装幀するというのが一般的です。従って、装幀を専業とする人が工芸家として育っていく素地がありましたが、日本では印刷物に付属するサービスとして製本が組み込まれていった過程があって、工芸家として確立していくのは難しかったようです。
ここ一世紀、製本界においては、衝撃的な変化こそありませんでしたが、日本の製本技術は脈々と続いています。コンピュータ上のDTPが印刷物を身近なものにしました。オン・デマンドという出版形式も出てきました。今後そんな分野や個人の分野をもしっかり仕事の視野に入れていきたいと思っています。