新宿区は印刷文化の拠点

「私たちの暮らしの身近にあるもの、そのほとんどのモノに印刷技術が利用されている。出版・印刷関連業は、明治時代から続く新宿区の重要な産業‥。文京区との境、神田川の南に位置する広範な地域に800余りの事業所がひしめいている。そのほとんどが中小規模経営。現在、区内製造業の約8割、製品出荷額の約9割を占めている。まさに様々な情報・文化の発信基地″新宿。ならではの地場産業。」

『印刷文化の拠点〜出版・印刷関連業は新宿区の地場産業〜』
.「印刷業集積のきっかけとは‥」   
◇明治19年、印刷業界の先駆的存在たった秀英舎(現・大日本印刷)が数寄屋橋から市谷加賀町に第一工場を建設したのがその始まり‥。   
◇当時は、官庁、出版社、各種大手企業等の発注者が多かった京橋地区が印刷業の集積地として知られていたが、のちに、こうした発注者が千代田区へと集中し、また次第に広がっていくのに呼応して、新宿区などにも拡大移転していった。その背景には、「新宿駅」山手線の開設(明治18年)、中央線の併設(明治22年) により、東京の市域が西に伸びたこと。この地が江戸時代から商品生産が行なわれ開けていたこと。そして、労働力の確保が容易だったことなどがある。
 ◇当時は、官庁、出版社、各種大手企業等の発注者が多かった京橋地区が印刷業の集積地として知られていたが、のちに、こうした発注者が千代田区へと集中し、また次第に広がっていくのに呼応して、新宿区などにも拡大移転していった。その背景には、「新宿駅」山手線の開設(明治18年)、中央線の併設(明治22年) により、東京の市域が西に伸びたこと。この地が江戸時代から商品生産が行なわれ開けていたこと。そして、労働力の確保が容易だったことなどがある。 
  ◇その後、明治31年に大手出版社・博文館(現・共同印刷)が、40年には日清印刷 (のちに秀英舎と合併して大日本印刷に)などが移転し、それに伴ない、下請となる中小工場が、次々とこの地に集積していった‥。
※明治時代″牛込区。と呼ばれた
「当時の印刷技術(活版印刷)とは‥」
  ◇活字を配置し、組版を作って印刷する活版印刷は、産業革命によって大量生産 (機械化)が可能となり、書籍、雑誌、新聞など印刷の主流をなした。
  ◇印刷物の格調の高さ、読みやすさ、美しさなどの点では優れていたが、製版の作業効率、生産性などに課題もあった。